「2015年12月」の記事一覧

在宅ワークでラインスタンプを作ってしまおう

最もリラックスのできる場所で仕事ができたらどんなに素晴らしいかと思っている方が大半かと思いますが、在宅ワークなら自分の家で誰に縛られることもなく自由に働け、ちょっと人間関係に疲れてしまったなんて方には打って付けの働き方なんじゃないかと思います。もちろん自由に仕事をして自由に休めるということは責任が伴うことですが、それでもフリーランスという働き方はこれからさらに広まっていく考え方かと思います。

今最も人気のある在宅ワークのひとつとして注目を浴びているのが、オリジナルのLINEスタンプを作るという仕事です。今や老若男女を問わずLINEを使っている人の数はうなぎ登りで、その人気の一端を担っているのがスタンプであることは間違いありません。そのスタンプを作って収入を得ているという方は意外と多く、想像しているよりもハードルは高くない作業なんです。

作り方はいたって簡単で、元になる画像とそれを加工するアプリさえあれば、どなたでもたやすくオリジナルのスタンプを作成可能なんです。加工用のアプリもフリーのものがありますので、要は自分のアイディアさえあれば初期投資はほぼゼロというのが嬉しいポイントかと思います。

これを在宅ワークとして行なっている方にはもちろん主婦もいますので、絵心がちょっとあるような方にはピッタリな稼ぎ方と言えるかと思います。アイディアさえあればたとえ外に出て働きに出なくても、家の中だけで完結できるというのは専業主婦の方にとっては助かるかと思いますので、ちょっと腕に自信のある方なら挑戦をして見る価値は大アリかと思います。ネット上にはラインスタンプを作るためのノウハウが載ったサイトが多数ありますから、まずはそれを見て売れるスタンプの特徴ですとか、出来たスタンプを申請する方法などを学んでおくのが良いかと思います。スタンプのニーズはまだまだ高いと見られていますので、在宅ワークとしてはかなり美味しい部類に入るかと思います。

在宅ワークする上で最高になるのは在宅ワークしている人のブログ

在宅ワークは家でできる仕事ですので、利点はいろいろあります。場所代がいらないことや、通勤時間がかからないこと、服装に気を使う必要がないこと、自分の好きな時間に仕事できることなど。しかし同時に、人と話す機会がまったくないので、自分の働き方や稼ぎ高が一般的に見てどうなのかというようなことはわかりません。人は人、というのはその通りなのですが、もしかしたら自分はまったくアホなミスをしているかもしれず、そうであっても気が付かない場合もあるかと思います。

そんなときに参考になるのが、同じように在宅ワークしている人のブログです。ときどき見るのですが、だいたい自分とは比べ物にならないくらい稼いでいる人が多いので、後で落ち込んだりもしますが参考になることも多いのです。自分と同じクラウドソーシングの会社に登録している人がどうやっているのか、自分よりどれだけ多く稼いでいるのか、そうなるための苦労はなど、自分でもできるかどうかを考えながら読んでいます。

全く稼げない、これでは学生のバイトと同じ、と愚痴をこぼしながら私から見れば結構稼いでいる人もいたりして、ネガティブな言葉を並べているのを読むと、がんばれと肩を叩きたくなったり、応援メッセージを送りたくなったりします(しませんが)。その人と自分の年齢や境遇の違いを考えて、羨ましく思うのは違うんだろうなあと考えたりしています。在宅ワークをしている状況を今は気に入っているので、しばらくはこのまま続けるつもりですが、先はどうなるかわかりません。きっとそういう人は多いでしょう。会社に勤めている人が辞めたい気持ちをいつも抱えているのと同じで、在宅ワークだから腰が落ち着かないと言うわけではないように思います。

在宅ワークを何年も続けられる人は、ある程度満足できる額が稼げることが続く条件ではないかと思います。やはり稼げないと続きません。稼げるというのは、言い換えれば向いているということかもしれません。

年末年始の在宅ワークをどうするかについて

年末年始に向けて在宅ワークをどうしていくか考えている人は、決して少なくないはずです。年末年始でも仕事さえあれば在宅ワークをするチャンスは与えられているわけで、それをやっていけば普段通りの収入を期待することができます。しかし、人間心理として「年末年始くらい普通に休みたい」と思うのが一般的です。

年末年始は30日過ぎからそういうムードが漂ってきますし、年始の三が日あたりは完全にお正月の雰囲気です。そんな中家にとじこもって仕事に従事することが果たして正しいのかどうか、それを考えてしまうのはしかたのないことです。

そこで、年末年始の予定を立てていくことが重要です。そのときに大事なのは、自分がどこまで折り合いをつけられるかという点です。年末年始関係なく働いてもまったく問題がないというのであれば、普通にそのまま仕事をしていったほうが良いということになります。そうすればいつもと変わらない収入になりますので、金銭的にそれがベストなのは間違いありません。

それ以外ですと、大みそかと三が日だけ休んで後は仕事をするというのもバランスのとれた悪くない在宅ワークのしかたです。そうすれば収入もそこまでガクンと落ち込むわけではありませんし、年末年始の雰囲気を味わうこともできます。そういうやり方をしていくと、心に負担がかかりにくいです。

また、年末年始は存分に休みたいからその前に無理して少し多めに仕事をこなしておくというのも、工夫のある仕事のしかたです。会社勤めではない分そうした仕事の調節はわりと簡単にできますので、それによって年末年始休んだ分をカバーすることができます。そして、それも決して間違いではないのです。

そうして年末年始をどう仕事していくかで、いろいろと違った結果になります。それはどれが正解というわけではなく、人それぞれでやり方が異なってきます。しかし、だからこそ在宅ワークを年末年始にどうするかはよく考えなければならないのです。

いざという時のために備えておきたい在宅ワーク

私が在宅ワークに挑戦しようと思ったのは、現在の仕事に不安を感じたからです。私はサラリーマンです。サラリーマンという立場は、雇ってくれた企業に常に依存する形をとっていることになります。企業から解雇通告されればたちまち無収入となります。企業の経営にしたって、いつ倒産という危機に直面するのかわかりません。世間を賑わすような不祥事を企業が起こしてしまえば、たちまち無職という立場に追い込まれることになってしまうのです。在宅ワークである程度の収入を確保できれば、サラリーマンという安定した立場を失ったとしても慌てなくてすみます。時間をかけてゆっくりと再就職先を探せるようになるのです。

私がはじめに行ったのは情報収集です。在宅ワークにはどのような仕事があって、どのくらい稼げるのかなど調べるところから行動を開始しました。ネットで調べると、膨大な情報量にまず驚かされました。私がこの働き方を知ったのは、職場の同僚との何気ない話がきっかけです。ですから、調べはじめた当初はこの働き方に関して詳しく知らなかったのです。いろいろな人が挑戦しているのも驚きでした。この働き方を題材にしているブログの数が非常に多いのです。私と同じ立場にあるサラリーマンが管理人のブログがいくつもあります。私にとっては先輩と呼ぶべき存在です。どんな仕事がサラリーマンに向いているのか、このブログで知ることができました。ブログの中には主婦が管理人になっているものもあります。この働き方のすごいところは、どのような立場の人でも気軽に挑戦できることでしょう。失敗したとしても大きなリスクにはなりません。ただお金にならないだけの話で、誰にも迷惑をかけずにすむのです。

私が在宅ワークで稼げている収入は月に1万円ほどです。1日に1時間の労働で、まあまあな収入だと自負しています。今はまだ単価の安い仕事しかしていませんが、もっとお金になる仕事に挑戦しようと思っています。この働き方には限りない未来があるように感じます。70歳を過ぎたとしても働けるような安心感を与えてくれるのです。

在宅ワークであなたの暮らしを豊かに

生活をちょっとでも楽にしていきたい、おそらく誰もがそう思っているはずです。そのためできることをやっていくのですが、いろんな方法を試行錯誤して、あらゆる方法を模索していくことも大切なことではないでしょうか?

例えば、在宅ワークという言葉を最近ではよく耳にするかと思いますが、その在宅ワークをしていくことで、もしかしたらあなたの暮らしが今よりももっと豊かになるかもしれませんよね?そのために、在宅ワークをやっていくことをオススメします。自宅の中でお仕事ができないかなと感じている人も多いと思います。そのような考えの方には、やはり、特にオススメできるものだと思います。

在宅ワークってなんか胡散臭い、そう思われている人もたくさんいるのかもしれません。自宅でお仕事できるっと本当?って思うでしょうが、実はけっこう簡単にできるのです。今では本当にたくさんのビジネスがあるので、あなたに合うビジネスもきっと見つかるのではないでしょうか。自宅でお仕事ができるのって、非常に魅力的だと思いませんか?

おそらく、ほとんどの人が家にいながらでも収入を得たいと思っているでしょう。私自身ももちろん思っていますし、実際に自宅にいながらでも収入を得ています。その額は人によって当然変わってくるのですが、誰にでも稼げる可能性が高いのがネットビジネスの良いところなのです。

ネットビジネスで成功してお金持ちになった人もけっこういますし、すごく魅力的なビジネスだと思います。ネットビジネスは簡単にスタートすることができますし、ネットビジネスを今日から始めてみるのもいいのではないでしょうか。

あなたの生活をもっと楽にできるように、様々なビジネスをしていくことをオススメします。もちろん、その際はリスクがほとんどないものにしましょう。そうしていけばあなたは損をしませんし、非常にやりがいを感じるはずです。本当にたくさんのビジネスが存在していることからも、とても稼ぎやすい世の中だと思います。

スキルを活かした在宅ワークを始める

お店で働いてきた人たちは、お店で働くということがいかにストレスになるかということを経験してきています。嫌味な客の対応をしたり、一緒に働きづらいくせのある人たちと仲良くしなければならないかもしれません。またオフィスワークの人たちはやはり職場で苦労があるものです。女性であればセクハラの問題に直面しているかもしれませんし、男性はパワハラのストレスを感じているかもしれません。いろいろなことを考えるとどこかに勤めに出るということの苦労は相当大きなものとなるのです。そのような人たちは在宅ワークができたらどんなにいいだろうと思うようになるのです。

実際在宅ワークを真剣に考えることができるかもしれません。もちろん収入においてそれが下がってしまうこと、また以前のようには稼げなくなってしまうということへの不安はあるとはいえ、職場でのストレスを考えれば、一人で自宅で働くことができることの喜びのほうが大きいのです。ではどのような仕事が実際問題としてできるのでしょうか。これはスキルが関係してくることがほとんどです。スキルがないと在宅ワークで成功することはほとんどないといえます。例えばそのために必要になるのはパソコンかもしれませんが、最低限エクセルやワードを難なく使いこなせるようになることが必要になるでしょう。そのスキルがないのであれば今から勉強できますし、どこかの教室に通うことができるかもしれません。1度スキルを身に着けてしまえばそのスキルはいろいろなところに応用できるようなものとなるのです。

在宅ワークとしてライティングが最も身近ですぐにできる仕事ですし、自分のブログを利用したアフィリエイトもじわじわと収入を伸ばすのにぴったりです。スキルのある人はプログラミングやホームページの開設、デザインなどを手がけることもできます。他にも入力の仕事や外国語の堪能さを活かして翻訳をすることなどできることはたくさんあるのであり、自宅で仕事は確かにできるのです。

夫婦の時間を大切にできるのが在宅ワーク

自宅の部屋で仕事をする事を在宅ワークという風に言うのですが、これのメリットは計り知れない物があります。家族との時間を有効活用できる点も大きいでしょう。新婚の夫婦からすると、夫が外にばかり行って家に帰ってこないというのはいい気分ではないはずです。できればずっと近くにいてもらいたいと思うのが心情でしょう。

今現在は大半の人達が外に働きに出ていますから、この様な希望を叶えたくてもどうしようもない訳ですが、自宅の中で働くのが当たり前という風になれば、もうこの様な心配はいらなくなります。元来人間というのは家族がこれ程までに離れるという事が無かったはずです。農作業をするにしろ草鞋を作るにせよ、夫婦は二人で一緒の事をするというのが普通だったからです。

それが外へという流れが出来上がったのは、比較的最近になってからの事だと言われています。大量生産大量消費というのがあって、それを実現させるために人を一ヶ所に集める必要があったからです。先程の草履にしても、個人がそれぞれ勝手に作るよりも、その人達を工場に集めて一斉に作ってもらった方が効率は良いですよね。この事自体は否定すべきではありません。これによって社会は大きく発展して、生活にもゆとりがでてきたからです。

しかし、表があれば裏があるというように、問題点が全く無かった訳ではありません。それを解決する有効な手段として在宅ワークが注目されているという事なんですね。工場は機械によるオートメーション化が進んだ事もあって、以前ほど大勢の人達を集めなくても良くなりました。さらにネットの発達によって、わざわざ会社に行くという必要性も薄れて来ているのです。

多少のスキルがあれば年収500万円くらいは在宅ワークでも余裕で稼げますので、これからやってみたいという場合は役立ちそうな事を勉強しておいてもいいでしょう。もうちょっと控えめに、お小遣い程度ならば全く勉強しなくても問題はありません。

副業に挑戦することは未来の自分にメリットのある行動

家に居る時間は人によって様々です。仕事が忙しい場合は、食事や睡眠に時間を割り当てることになります。また、主婦の場合は家事や育児に多くの時間を割り当てる必要があります。仕事をしている場合、家事や育児に忙しい場合の両方に共通していることは、空き時間を有効活用することができれば、副業でお金を稼げることです。自分やパートナーの収入に満足しているのであれば、副業の必要性を感じない可能性があります。

しかし、収入に満足していたとしても、未来のことは誰にも分かりません。未来の自分や家族が生活に困らないこと、豊かな老後を過ごしたいことなどの気持ちが少しでもある場合は、副業に挑戦することは意味のある行動だと言えます。

副業には外で行うものと家で行うものがあります。外で行う副業として一般的なのは、アルバイトやパートなどで働くことです。仕事帰りや家事、育児の合間の時間に取り組むことになりますが、仕事帰りや家事、育児の合間の時間を使用する場合、魅力的なのは在宅ワークを選ぶことです。在宅ワークのメリットは、まず家で仕事が可能な点です。家という普段から生活している環境なので、精神的に落ち着いた状態で働くことができます。また、家事や育児をしながらという仕事のやり方も可能です。例えば、小さい子供の育児をしている場合、在宅ワークならば子供を寝かしつけた後、すぐに仕事の取り掛かることができます。

子供が大きくなり、手が掛からなくなってきた場合は、アルバイトやパート、正社員などで働くことに問題はありません。このような状況でも、在宅ワークは副業で取り組めるメリットがあります。すぐに大きく稼ぐことができるわけではありません。しかし、初心者でも地道に在宅ワークに励み、得意分野を持つことができるようになれば、他の仕事を始めた場合に良い稼ぎを生む良い副業となります。まずは、どのような仕事があるのかを調べ、興味を持った仕事に挑戦してみることが大切です。

収入の底上げを行うために取り組んでいる在宅ワーク

外で働いているため、生活するための収入は確保できています。しかし、収入は多いわけではありません。元々の給料が高いわけではなく、定時で業務が終了となることがほとんどで、残業代で稼ぐことができない状況です。生活することは難しくありませんが、将来のことを考えるともっと貯蓄を増やしたい考えを持っていました。他に収入を得る方法として良いと思ったのはアルバイトです。アルバイトは時給制なので、時間分しっかりと働けば給料を得ることができます。

しかし、仕事から帰宅した後にアルバイトで外出するのは面倒です。また、近場に働けるような求人がなかったので、アルバイトで稼ぐことは難しくなりました。そこで、家で仕事をする在宅ワークに目を向けてみることにしました。家で仕事をするということなので、外出する必要はありませんし、自分のペースで仕事に取り組める点が気に入りました。しかし、気になったのは私に可能な在宅ワークは存在するのかということです。初心者が知識や経験もない状態で稼ぐのは難しいと感じていました。

どのような在宅ワークがあるのかを調べてみると、色々な仕事があると分かりました。その中で自分でもできると感じたのは、記事の作成です。クラウドソーシングのサイトには、色々な仕事があります。ホームページ制作や翻訳、専門性の高い記事の作成などは、知識や経験がない私にとってハードルは高いです。しかし、専門的な知識や経験は不要な記事作成の案件があると分かりました。例えば、記事の内容は自由という案件があります。

自由といってもポジティブな内容だったり、誤字脱字を少なくすることだったりなど、作成する上での注意点はあるため、注意をする必要はあります。しかし、自分が楽しいと感じたこと、嬉しいと感じたことを文章にして誤字脱字を見直すだけなので、何も難しいことはありません。記事の内容が自由な案件の単価は高くありません。それでも、経験を積むという意味で取り組む価値はあると考えています。

ランサーズとクラウドワークスの比較

パソコンとインターネット接続環境さえあれば、誰でも簡単に在宅ワークをすることができるクラウドソーシングが人気となっています。主婦を中止として自宅で時間を有効に使えるお小遣い稼ぎとしてでしょう。調査会社の推計によるとクラウドソーシングはこれからかなり市場の成長が見込まれますので、クラウドソーシングの需要は増える一方といってもいいでしょう。

ただし、誰でもできるとはいっても、クラウドソーシングではそれなりのスキルが必要な在宅ワークとほとんどスキルは必要でない、時間さえあればできるような在宅ワークがあります。スキルがほとんど必要でない在宅ワークの最も人気があるのがタスクです。

現在、タスクでのクラウドソーシングのサイトで仕事の量が最も充実しているのが、ランサーズとクラウドワークスです。タスク作業を中心に在宅ワークを実践している人は両方のサイトに登録している人が多いと思われますが、どちらも一見すると似たようなサイトであることは間違いありませんが、詳細を比べればそれぞれに特徴があります。どちらのサイトが優れているかはなかなか議論の分かれるところではあるのでしょうが、結局は自分にとってどちらのサイトが使い勝手かよく、うまく稼げることができるかということにかかっていると言えます。それに現状では同じように感じているとしても成長産業のトップランナーであるといっていい両サイトでありますから、これからの方針のあり方や成長の仕方で短期間に大きな差が出る可能性も否定できません。どちらかが非常に成長してどちらかがかなり衰退してしまうこともあるでしょう。また、ランサーズやクラウドワークス以上の素晴らしいサイトが立ち上がって急成長を遂げるとか、今ある他のクラウドソーシングのサイトが急成長を遂げるかもしれません。利用する方の側としては、その辺をしっかりと見極めつつ自分にとって良いサイトを選んでいけばいいのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ